株式会社 大和

menu

法人のお客様 
~業態別システム導入のヒント~

工場

工場向け

工場に適したセキュリティーサービスを、
施設の構造や規模・ご予算などお客様のご要望をお聞きし、
セキュリティ-プランをご提案します。

工場向けシステム導入のヒント


1.機械警備システム

機械警備システム

24時間稼働型の工場などでは、事務所や研究部門など一部のみ警備を導入することができます。火災警報を設定された場合、警備の警戒・解除にかかわらず24時間監視し、発報時は大和管制センタへ自動通報し、火災の有無の確認・被害の拡大を防止します。また必要に応じて消防機関へ通報します。

2.入退出管理システム

入退出管理システム

食品・半導体工場内や事務室及びサーバー室など、衛生に気を使う部門や情報管理部門などに適しています。特に衛生に気を使う部門などは、IDカードを携行する必要のない「手ぶら認証」が理想と考えます。バイオテクノロジーを駆使した「手の甲静脈認証システム」をお勧めします。

3.防犯カメラシステム

防犯カメラシステム

生産工場内に設置していただき生産性と品質の向上を図るとともに、事務室・サーバー室・通路・出入口・製品出荷部門などに設置していただくことにより、情報管理・商品管理・品質管理などにお役立ていただけるかと考えます。食品工場などでは、侵入者等による異物混入を防止します。

4.施設常駐警備

施設常駐警備

工場には多くの資材や製品があり、有機物など危険物が貯蔵され、大規模火災になりやすい性質があり、教育を受けた警備員による日常の点検により火災を防止をすることは重要です。もちろん、正門付近に昼夜問わず常駐しトラック便などの車両や人と物の出入りをチェックします。

5.駐車場警備

駐車場警備

工場見学会や新製品発表会、部門対抗運動会などのリクリエーションなどイベント開催時などにおいて臨時警備もご相談ください。駐車場や周辺道路が混み合うことが予想され、人や車両を整理する人員が必要となる場合はお早めにご相談くださいませ。