株式会社 大和

menu

法人のお客様 
~業態別システム導入のヒント~

官公庁

官公庁向け

官公庁に適したセキュリティーサービスを、
施設の構造や規模・ご予算などお客様のご要望をお聞きし、
セキュリティ-プランをご提案します。

官公庁向けシステム導入のヒント


1.機械警備システム

機械警備システム

各階(または各部署)をテナントビルのように、各階ごとに警備の警戒・解除を実施できるシステム構築が可能です。休日などにおいて、一部の施設を一般開放する場合など、利用する部分のみ警備を解除し、必要のない部分は警戒の状態にてご利用できます。

2.入退出管理システム

入退出管理システム

サーバーが設置しているシステム部門や機密情報を扱っている部門、貴重な資料が保管してある倉庫などは高いセキュリティーが求められます。認証方式はIDカードからバイオテクノロジーを応用した静脈認証まで取り扱っていますので、用途にあわせお選びいただけます。

3.防犯カメラシステム

防犯カメラシステム

必要に応じて、サーバー室などには入退出管理システムとともに、防犯カメラも設置し二重のセキュリティーで機密情報を防御すれば安心です。街頭防犯用のカメラシステムもご相談ください。メンテナンス性に優れデータの取り出しも容易にできるよう工夫されています。

4.施設常駐警備

施設常駐警備

大規模なオフィスビルにおいて、警備員による受付業務や案内業務を実施することにより防犯効果も発揮されます。夜間の細密巡回にて火災の防止、残業で残られている残留者への対応、夜間外来者の対応、宅配物の預かり、電話交換業務など警備員に任せれば安心です。

5.駐車場警備

駐車場警備

警備員教育を受けている警備員により人と車両の事故防止に努めています。各種届出などが集中する時期や会議などで混雑する場合は、空きスペースへ的確にご案内することにより、住民サービス向上にお役立ていただければと考えています。