株式会社 大和

menu

法人のお客様 
~業態別システム導入のヒント~

医療・福祉機関

医療・福祉施設向け

医療施設や福祉施設に適したセキュリティーサービスを、
施設の構造や規模・ご予算などお客様のご要望をお聞きし、
セキュリティープランをご提案します。

医療・福祉施設向けシステム導入のヒント


1.機械警備システム

機械警備システム

24時間活動している病院や福祉施設での異常を知らせるのに適しています。金庫や個人情報がある事務所・劇薬類の管理が重要な薬局・病歴など個人情報漏れが心配なカルテ室・利用者の個人情報や電子カルテを管理しているサーバー室・徘徊対策が必要な外階段など、一部の施設にセンサを設置し外部(警備会社)に異常を知らせます。

2.入退出管理システム

入退出管理システム

特に利用者が夜間居住する施設は夜間の出入りに注意が必要です。出入口を施錠する事は勿論、各フロアなど区画ごとに施錠する必要もあります。電気錠を導入し、職員や関係者にはID(パスワード・カード・生体認証など)を付与し施解錠する方式が理想です。機械警備システムと連動させることもできます。

3.防犯カメラシステム

防犯カメラシステム

医療機関における一部の患者からの暴力などが問題となり、各医療機関において対処マニュアルが整備されていることと思われます。防犯カメラには暴力行為の抑止効果がありますのでドーム型の防犯カメラの導入がお勧めです。防犯以外にも、施設に居住している利用者が行方不明になった場合にも役立ちます。

4.施設常駐警備

施設常駐警備

特に病院では夜間の面会受付や救急受付事務など、機械警備では出来ない人による警備が不可欠です。電話の交換業務も欠かせません。一部利用者からの暴力や暴行などの対応も必要となってきます。勿論、通常の巡回業務において院内外の防犯・防災点検も欠かせません。

5.駐車場警備

駐車場警備

大規模な駐車場や複数の駐車場が存在する施設では、利用者が駐車する場所に迷う事があります。病院などでは、午前中の外来患者で混み合う事もあると考えられ、場内の歩行者の安全確保が必要な場合も考えられます。初めてのご利用者様でも目的の施設にスムーズに向かえるようご案内いたします。