群馬県沼田市、警備会社大和のホームページ

防犯カメラのご相談は☎0278-22-9045

トップ > 個人のお客様 > 防犯カメラの特徴

当社が扱う防犯カメラの特徴

ご家庭に防犯カメラを取り付けるには、プライバシーの事など躊躇することもあるかと思います。防犯カメラには、そんな不安を少しでも和らげるよう様々な工夫がされております。プライバシーを配慮する製品から不審者を牽制する製品まで、当社が扱っている防犯カメラの主な特徴をご紹介します。

   

目立たないけど高性能ドーム型カメラ

ドーム型防犯カメラドーム型カメラ(別名:カプセル型カメラ)の特徴を一言で申し上げますと「カメラらしくない高性能防犯カメラ」です。一見するとおしゃれな照明器具にも見えますので、室内のデザインにマッチするのではないでしょうか。

主に屋内で使用するのに適しておりますが、屋外向けの使用も考慮して防水性能を備えている機種も多く取り揃えております。

また、遠隔操作でパン/チルト機能(水平回転角度:360°エンドレス/垂直回転角度:92°…など)を操作できる機種もありますので、一台で広範囲を遠隔監視できる機種も取り揃えております。

ご近所に配慮したプライバシーマスク機能

プライバシーマスク機能防犯カメラを取り付けたいが、プライバシーをめぐり近隣とトラブルになるのが心配・・・

丸みを帯びた柔らかいドーム型などデザイン性能だけでなく、機能面においてもプライバシーを配慮する製品を取り揃えております(マスキング機能)。

マスキング機能とは、録画する特定のエリアをプライバシーエリアとして認識させ、任意に隠す(マスク)ことができる機能のことを言います。マスキングする箇所は任意に設定でき、最大24箇所まで設定できる機種もございます。プライバシーの重要性が叫ばれる現在、マスキング機能を搭載したカメラを導入されれば、万が一トラブルになった場合でも説明することができます。

 ※ 画像はSV760のイメージです(最大16箇所設定)。動画でも確認出来ますのでご覧ください。

カメラ動画(小) カメラ動画(大)
   

不審者がたびたび目撃される

   

防犯カメラ不審者が度々目撃されたり過去にドロボー被害にあったなど防犯意識が高い地域があるかと思います。積極的に防犯カメラを目立たせたい…

ドロボーなどの不法行為を行おうとする者の犯行を防止させるのに適している防犯カメラらしいカメラです。当社が扱っているカメラは、防犯にも効果があり、かつ、できるだけ威圧感を避けるデザインになっています。

死角になっている箇所をはじめ、裏口(勝手口)や車庫などにお勧めしたいカメラです。

   

特別な器材なく夜間撮影もOK

   

赤外線投光機能付き防犯カメラ画像夜間の撮影において照明類は必要なの?赤外線投光器とか必要?

防犯を目的とするカメラの夜間撮影の性能として気になるところかと思います。夜間撮影に適した高精度レンズや赤外線投光機能が備わっている製品を各種取り揃えております。

照明のない場所においても夜間監視をすることができますので、別途、照明設備や赤外線投光器を購入する必要はありません。

 ※ 画像はドーム型の防犯カメラ「AEX4210」の昼間と照明のない夜間の画像です。当機種は赤外線投光機能付き製品です(赤外線投光距離15m)。比較動画も公開しておりますのでご覧ください。

昼間の映像(小) 昼間の映像(大)
夜間の映像(小) 夜間の映像(大)

 

お問い合わせ

はじめに

DAIWAホームセキュリティー

DAIWA防犯カメラシステム

ページのトップへ戻る